トップ > 鈴鹿文化工房 > 平成22年度 鈴鹿市民大学文芸学科「心の時代における宗教と文学」

鈴鹿文化工房 [セミナー・ワークショップ・美術展・文芸賞など]

※ 終了致しました

平成22年度 鈴鹿市民大学文芸学科
「心の時代における宗教と文学」

1回目:2010年6月9日(水)
2回目:2010年7月14日(水)
3回目:2010年8月11日(水)
4回目:2010年9月8日(水)
5回目:2010年10月13日(水)
6回目:2010年11月10日(水)

開催日 テーマ 講 師(敬称略)
6月9日(水) 金閣寺と三島由紀夫 衣斐弘行
(文芸同人誌「火涼」主宰、大学講師)
キリストと遠藤周作 山中悦子
(鈴鹿市俳句連盟理事、俳人協会会員)
7月14日(水) 神道と本居宣長・谷川士清 津坂治男
(日本現代詩人会員、みえ現代詩の会代表)
「やまと魂と物のあはれ」
8月11日(水) 法華経と宮沢賢治 橋本俊明
(現代歌人協会員、歌誌「覇王樹三重」編集発行人)
円空と梅原猛 福嶋礼子
(エッセイスト、ケーブルテレビ番組プランナー)
9月8日(水) アウグスティヌスとキリスト教 奥 貞二
(鈴鹿工業高等専門学校図書館長)
良寛と瀬戸内寂聴 河原徳子
(近代日本文学研究家、三重県生涯学習センター講師)
10月13日(水) 親鸞、蓮如と五木寛之 藤田充伯
(朝日カルチャーセンター講師)
賀川豊彦の文学 拜田勝之
(詩人)
11月10日(水) 一休と水上 勉 伊藤伸司
(文芸同人誌「火涼」同人)
新興宗教と村上春樹 清水 信
(文芸評論家、三重文学協会会長)

受講生募集中!
心の時代といわれる現代において宗教と文学は互いにどのような関係にあるか――
さまざまな文学者、宗教者を取り上げ、その本質に迫ります。

会 場
 
鈴鹿市文化会館2階 第1研修室
(鈴鹿市飯野寺家町810番地)
日 時
6月から11月までの第2水曜日 午後1時30分から3時30分まで
定 員
各回80名(先着順)
受講料
 
 
1回あたり1,000円
ただし、全6回分を事前に一括で申し込まれた場合は5,000円といたします。
(6月9日の第1回にお支払いください。)
お申し込み
 
 
 
全6回を申し込まれる場合は2010年4月20日(火)から6月7日までにハガキ、FAX、Eメールのいずれかの方法で、「文芸学科希望」と明記し、受講者全員の住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、(財)鈴鹿市文化振興事業団までお申し込みください。
個別の回の参加申し込みは、開催日当日でもできます。



公益財団法人 鈴鹿市文化振興事業団
〒513-0802 三重県鈴鹿市飯野寺家町810番地 鈴鹿市文化会館内
Tel:059-384-7000 Fax:059-384-7755
営業時間:午前8時30分から午後5時15分まで
 休業日:毎月土・日・祝日 / 年末年始