トップ > 鈴鹿市民シアター > 小椋 佳 歌談「闌(TAKENAWA)の会」

鈴鹿市民シアター [コンサート・公演など]

※ 終了致しました

小椋 佳 歌談「闌(TAKENAWA)の会」

2016年1月24日(日) 開場17:00〜 開演18:00〜

小椋 佳 歌談「闌(TAKENAWA)の会」
日時:
2016年1月24日(日)
開場17:00〜 開演18:00〜
会場:
鈴鹿市民会館
鈴鹿市神戸一丁目18-18 TEL:059-382-0654
入場料:
▼全席指定
S席:5,500円(税込み)
A席:4,500円(税込み)
車イス席:4,500円(税込み)
※車イス席は、事業団事務所のみにて販売(お問い合わせください)
出演:
小椋 佳 他
数々のヒット作品を生み、作詩作曲・歌手活動、執筆活動など、圧倒的人気を誇る小椋佳が歌と語らいで綴る歌談「闌(TAKENAWA)の会」を開催。温かい歌声を楽しいトークと共に味わえる珠玉の一夜をご堪能ください。
K.OGLA PROFILE

小椋 佳(おぐら けい)
作詩・作曲家

1944年東京・上野生まれ。1967年東京大学卒業後、日本勧業銀行(現みずほ銀行)入行。同行に約四半世紀勤務、浜松支店長・本店財務サービス部長等を経て1993年退職。1994年東京大学法学部に再入学。この間、1971年自らの作詞作曲による初LPアルバム「青春・砂漠の少年」発表。3作目のアルバム「彷徨」は100万枚のセールスを突破。以来、ソングライターとして「シクラメンのかほり」「俺たちの旅」「夢芝居」「愛しき日々」「愛燦燦」等、多数のアーティストへ作品を提供。日本レコード大賞を始め数々の賞を受賞。作詞作曲・歌手活動の他、執筆活動や舞台創造も重ねる。1998年以降、歌と語らいで綴る公演「歌談の会」、2010年より「歌紡ぎの会」を全国各地にて開催。2013年11月遺言エッセイ「生前葬コンサート」を出版。同年12月最後のオリジナルアルバム『闌(Takenawa)』をリリース。2014年9月、NHKホールにて4日間にわたる『生前葬コンサート』を開催。2015年、「余生」という新しい人生を生きる小椋佳がこれまでの邂逅を顧みながら全国を巡る約5年振りのコンサートツアー「余生あるいは一周忌コンサート」を開催予定。

小椋 佳(おぐら けい)
終了致しました
チケットのお求めは
 
9時から
 
鈴鹿市文化会館 TEL:059-384-7000(土・日・祝日は059-382-8111)
鈴鹿市民会館 TEL:059-382-0654
オープン時から
 
 
 
鈴鹿市観光協会(白子駅西) TEL:059-380-5595
鈴鹿ハンター TEL:059-379-2200
宮脇書店鈴鹿店 TEL:059-384-3737
亀山市文化会館 TEL:0595-82-7111
10時から
チケットぴあ (Pコード 272-657) TEL:0570-02-9999
24時間WEB対応OK
 
エムズネット三重県文化会館WEBチケットサービス TEL:059-233-1122
【»ご購入はこちら】
その他
各中日新聞販売所
※未就学児入場不可。
※購入後のチケットの交換・返金・再発行はできません。
※チケットぴあ・エムズネット以外は予約できません。
※公共交通機関をご利用ください。
アクロバットリーダーのダウンロード PDFデーターファイルをご覧いただくためには、アクロバットリーダーが必要です。
左のボタンで、プラグインをダウンロードしてください。



公益財団法人 鈴鹿市文化振興事業団
〒513-0802 三重県鈴鹿市飯野寺家町810番地 鈴鹿市文化会館内
Tel:059-384-7000 Fax:059-384-7755
営業時間:午前8時30分から午後5時15分まで
 休業日:毎月土・日・祝日 / 年末年始