トップ > 鈴鹿市民シアター > Quatuor B(クワチュール・ベー)コンサート

鈴鹿市民シアター [コンサート・公演など]

※ 終了致しました

Quatuor B(クワチュール・ベー)コンサート

2014年2月15日(土) 開場14:30〜 開演15:00〜

Quatuor B(クワチュール・ベー)コンサート
写真=チラシ表
開演:
2014年2月15日(土)
開場14:30〜 開演15:00〜
会場:
鈴鹿市文化会館 けやきホール
鈴鹿市飯野寺家町810番地 TEL:059-382-8111
入場料:
▼全席自由
一 般:1,500円(税込み)
高校生以下:500円(税込み)
出演:
Quatuor B(クワチュール・ベー)
共演:
三重県立稲生高等学校 吹奏楽部
グループ名の由来でもある4人の共通点は、なんと血液型が全員B型であること。そんな4人のこだわりが1つに合わさった時にとんでもない力を発揮!!サクソフォーン四重奏「Quatuor B」が生み出す無限の音楽の世界へ・・・

●Quatuor B(クワチュール・ベー)コンサート チラシ表面はこちら (PDFファイル/420KB)
●Quatuor B(クワチュール・ベー)コンサート チラシ裏面はこちら (PDFファイル/740KB)

出演

Quatuor B(クワチュール・ベー)
サクソフォーン四重奏

2007年結成。グループ名の由来は、血液型が全員B型であること。財団法人地域創造 平成22・23年度公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト。現在は同支援事業アーティストとして全国各地においてホール、学校、コミュニティなどで地域に密着した演奏活動を行い、子どもから多感な思春期の学生、働き盛りの世代、お年寄りまで、幅広い層の圧倒的な支持を得る。

グループとしての公演数は年間50回を超え、4つの個性的な「B」が生み出す無限の可能性を持つ音楽を追求し、日々活動している。2010年ファーストCD「トゥー“べー”コンティニュード」をリリース。2013年発売のセカンドCD「サクソフォーン・ルネッサンス」は『レコード芸術』誌にて特選盤に選ばれた。

國末 貞仁(ソプラノ・サクソフォーン)

國末 貞仁(ソプラノ・サクソフォーン)
Sadahito Kunisue

香川県出身。東京藝術大学卒業、同大学院修了。2000年、第4回若手奏者のためのコンペティションデュオ・室内楽部門において第1位。05年、第22回日本管打楽器コンクールサクソフォーン部門第3位入賞。06年、第3回ブルーポラリス賞優秀個人賞受賞。平成21年度香川県文化芸術新人賞受賞。よんでん文化振興財団奨学生。10年、ソロCD「ラスト・カントリー」をリリース。洗足学園音楽大学非常勤講師。13年3月高松市観光大使に就任。

山浦 雅也(アルト・サクソフォーン)

山浦 雅也(アルト・サクソフォーン)
Masaya Yamaura

福島県出身。東京ミュージック&メディアアーツ尚美管弦打楽器学科、芸術表現アカデミー学科を共に首席で卒業。その後、管弦打楽器学科演奏室員としてさらなる研鑽を積んだ。第21回板橋区クラシック音楽オーディション合格。ヤマハ管楽器新人演奏会出演。2010年よりたびたび韓国に招かれ、日韓文化交流の一翼を担っている。現在、尚美ミュージックカレッジ非常勤講師、東京音楽学院・スガナミ楽器各講師。

有村 純親(テナー・サクソフォーン)

有村 純親(テナー・サクソフォーン)
Sumichika Arimura

鹿児島県出身。東京藝術大学卒業、同大学院修了。パリ国立高等音楽院を最優秀で修了。セルマー賞、フランスサクソフォーン協会賞、パリ国際音楽コンクール大賞を受賞。サクシアーナ国際コンクール第1位、ミュンヘン国際音楽コンクールセミファイナリスト。国内外のオーケストラと協演。デビューCD「ロマンス」はレコード芸術誌で特選盤。昭和音楽大学及び同大学院、洗足学園音楽大学、尚美ミュージックカレッジ、弥栄高校芸術科非常勤講師。

小山 弦太郎(バリトン・サクソフォーン)

小山 弦太郎(バリトン・サクソフォーン)
Gentaro Koyama

長野県出身。桐朋学園大学卒業、昭和音楽大学大学院修了。2003年、ノナカサクソフォーンコンクール第4位。07年、台湾サクソフォーンキャンプに講師として招かれ、マスタークラスを行う。ソロ活動も精力的に行い、これまで10回のリサイタルを開催している。11年、ソロCD「ストーリー」をリリース。12年度『バンドジャーナル』誌ワンポイントレッスンの連載を担当。小諸高校音楽科非常勤講師、桐朋学園大学嘱託演奏員。

共演

三重県立稲生高等学校 吹奏楽部

こんにちは!稲生高校吹奏楽部です。私たちは“仲間”と、“感謝の気持ち”を大切に、日々にぎやかに練習に励んでいます。数年前の部員数一桁という最大の危機を何とか乗り切り、今年度は20人でパワフルに活動を行ってきました。

活動内容は、1年間の集大成となるWinterConcert2013をはじめ、学校行事、コンクール、老人施設や病院等での演奏と様々で、演奏機会があればどこでも、何でも!いろいろなことに取り組んでいます。吹奏楽に関わらず、歌やダンス、劇!?等々、今このメンバーにしかできないステージになるよう試行錯誤の日々です。これからも私たちらしいステージを目指し、部員一丸となって取り組んでいきます!

※ 終了致しました
チケットのお求めは
 
9時から
 
鈴鹿市文化会館 TEL:059-384-7000(土・日・祝日は059-382-8111)
鈴鹿市民会館 TEL:059-382-0654
オープン時から
 
 
 
 
鈴鹿市観光協会(白子駅西) TEL:059-380-5595
鈴鹿ハンター TEL:059-379-2200
宮脇書店鈴鹿店 TEL:059-384-3737
亀山市文化会館 TEL:0595-82-7111
中日新聞販売店
10時から
チケットぴあ (Pコード 216-358) TEL:0570-02-9999
24時間WEB対応OK
 
エムズネット三重県文化会館WEBチケットサービス TEL:059-233-1122
【»ご購入はこちら】
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※購入以後のチケットの交換・返金・再発行はできません。
※報道関係機関以外の撮影・録音は出来ません。
※チケットぴあ・エムズネット以外は予約できません。
※公共交通機関をご利用ください。
アクロバットリーダーのダウンロード PDFデーターファイルをご覧いただくためには、アクロバットリーダーが必要です。
左のボタンで、プラグインをダウンロードしてください。



公益財団法人 鈴鹿市文化振興事業団
〒513-0802 三重県鈴鹿市飯野寺家町810番地 鈴鹿市文化会館内
Tel:059-384-7000 Fax:059-384-7755
営業時間:午前8時30分から午後5時15分まで
 休業日:毎月土・日・祝日 / 年末年始