トップ > 鈴鹿市民シアター > 「瞽女の世界」

鈴鹿市民シアター [コンサート・公演など]

※終了致しました

「瞽女の世界」

2014年1月25日(土) 開場13:00〜 開演13:30〜

「瞽女の世界」
写真=チラシ表面
日時:
2014年1月25日(土)
開場13:00〜 開演13:30〜
会場:
鈴鹿市文化会館 けやきホール
鈴鹿市飯野寺家町810番地 TEL:059-382-8111
入場料:
▼全席自由
前売り1,500円(税込み)
当日 2,000円(税込み)
第一部:
伝統文化をささえた視覚障害者
〜強く生きた盲女性たち
第ニ部:
瞽女唄を楽しみましょう
写真展示:
晩年施設で生活をした最後の瞽女・小林ハルの写真パネル
出演:
第一部講演 川野 楠己
第二部演奏 竹下 玲子/金子 まゆ
世界に誇る芸術性の高い日本の伝統音楽である琵琶楽、地歌・箏曲などは、視覚に障害を持つ先人たちの努力の結果今日まで伝承されてきた。特に瞽女は三味線を手にして女性の音楽集団を作り庶民の中に入って大きな文化を残した。これらの軌跡の検証と顕彰を続けている元NHKラジオディレクター川野楠己氏の講演と最後の瞽女、小林ハルの愛弟子、竹下玲子氏の瞽女唄による公演。

●「瞽女の世界」 チラシ表面はこちら (PDFファイル/738KB)
●「瞽女の世界」 チラシ裏面はこちら (PDFファイル/660KB)

『瞽女(ごぜ)の 人々』

 瞽女とはどんな人たちなのだろうか・・・・?
なぜ盲目の女性たちだけで雪の降る農山村を歩いていたのだろうか・・・・?
そんな断片的な疑問にお答えするのが今回の鈴鹿市文化会館けやきホールで開かれる「瞽女の世界」公演会です。

『瞽女』は「ごぜ」と読み、盲目の女性たち3〜4人が連れ立って農山村の奥地まで訪ねて三味線芸を披露し、村人の心を癒した人たちです。厳しい掟のもとで、村人の喜んでもらえる芸を磨き、親方と弟子という家族の絆で結ばれ、決められた地域を巡り、村人から布施として米や銭を受けて生活をしていました。

 村に入ると宿をお願いする庄屋などの家に荷を降ろして、三味線だけを持って村の家々を門付けして回り、瞽女が来たことを触れて歩きます。その夜、晴着に着がえた瞽女は、庄屋の座敷に集まった村人の前で、民謡や、はやり歌、浄瑠璃の段物等を三味線に乗せて語ります。まだテレビもラジオもない時代。村人は瞽女が聞かせてくれる生の芸に酔い、物語に涙します。加えて盲目の身で谷川を渡り峠を越えてここまで来たことに畏敬の心を持ちます。

 しかしその陰には盲目、女旅芸人という二重三重の差別に苦しみ、荒くれ男のから身を守らなければなりませんでした。昭和の中期以降ラジオ、テレビの普及と車社会に路を奪われ、瞽女は村を訪ねることがなくなりました。

 女性だけの瞽女社会とはどんな組織だったのだろうか、残した文化とは何か、最後の瞽女と言われた『小林ハル』とはどんな瞽女だったのだろうか・・・・?
 けやきホールでその答えを探してください。

(川野楠己 記)

竹下 玲子
金子 まゆ
竹下 玲子

金子 まゆ
川野楠己(プロフィール)

川野楠己(プロフィール)

 瞽女文化を顕彰する会 発起人、理事。元NHKチーフディレクター。

 昭和5年 東京生まれ。平成2年NHK定年退職、その間「視覚障害者」向けのラジオ番組の企画制作20年余も担当。日本の伝統音楽を支えた視覚障害者の活躍に注目。瞽女や琵琶盲僧をテーマにした番組を数多く制作した。

 文化庁芸術祭ラジオ部門で文部大臣賞など3回受賞。定年後もラジオ深夜便こころの時代の制作、インタービューを15年続けた。

 平成8年CD「最後の瞽女小林ハル 96歳の絶唱」CD「今を生きる琵琶盲僧 永田法順の世界」を自費制作し、顕彰運動を展開してきた。

 著作に「最後の瞽女小林ハル 光を求めた105歳」<NHK出版>「最後の琵琶盲僧永田法順 その祈りの世界」<鉱脈社>そのほか多数刊行。

竹下玲子(プロフィール)

昭和52年小林ハルの芸に深く感動。翌年入門し10年間師事する
昭和55年小林ハルリサイタルにて弟子として披露される
昭和63年竹下玲子リサイタル開催。小林ハルも賛助出演
平成 7年瞽女唄ネットワーク主催「瞽女唄教室」の講師を務める
平成10年伝統文化ポーラ賞受賞
※終了致しました
チケットのお求めは
 
9時から
 
鈴鹿市文化会館 TEL:059-384-7000(土・日・祝日は059-382-8111)
鈴鹿市民会館 TEL:059-382-0654
オープン時から
 
 
 
鈴鹿市観光協会(白子駅西) TEL:059-380-5595
鈴鹿ハンター TEL:059-379-2200
宮脇書店鈴鹿店 TEL:059-384-3737
亀山市文化会館 TEL:0595-82-7111
10時から
チケットぴあ (Pコード 431-970) TEL:0570-02-9999
24時間WEB対応OK
 
エムズネット三重県文化会館WEBチケットサービス TEL:059-233-1122
【»ご購入はこちら】
※未就学児入場不可。
※購入以後のチケットの交換・返金・再発行はできません。
※公共交通機関をご利用ください。
アクロバットリーダーのダウンロード PDFデーターファイルをご覧いただくためには、アクロバットリーダーが必要です。
左のボタンで、プラグインをダウンロードしてください。



公益財団法人 鈴鹿市文化振興事業団
〒513-0802 三重県鈴鹿市飯野寺家町810番地 鈴鹿市文化会館内
Tel:059-384-7000 Fax:059-384-7755
営業時間:午前8時30分から午後5時15分まで
 休業日:毎月土・日・祝日 / 年末年始