トップ > 鈴鹿市民シアター > ピアノの貴公子 外山啓介&寺岡清高指揮 大阪交響楽団

鈴鹿市民シアター [コンサート・公演など]

※ 終了致しました

ピアノの貴公子 外山啓介&寺岡清高指揮 大阪交響楽団

2010年11月21日(日) 開場14:45〜 / 開演15:30〜

ピアノの貴公子 外山啓介&寺岡清高指揮 大阪交響楽団
写真=チラシ 表
開演:
2010年11月21日(日)
開場14:45〜 / 開演15:30〜
会場:
鈴鹿市民会館
鈴鹿市神戸1-18-18 TEL:059-382-0654
入場料:
全席指定
一般:3,500円(税込み)

高校生以下:1,500円(税込み)
※高校生以下のチケットは鈴鹿市文化会館、チケットぴあのみの販売となります。

主催:(財)鈴鹿市文化振興事業団/レディオキューブFM三重
お問い合わせ:(財)鈴鹿市文化振興事業団

地元合唱団共演 鈴鹿少年少女合唱団 西部少年少女合唱団

【プログラム(予定)】
グリンカ: 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
のだめカンタービレでおなじみのラフマニノフ、
ピアノ協奏曲第2番や地元合唱団との共演等
盛りだくさんな演奏会。
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番
シベリウス: フィンランディア
グリーグ: 「ホルベルク」組曲より前奏曲
シベリウス: 「カレリア」組曲
モーツァルト: アヴェ・ヴェルム・コルプス(合唱団と共演)

●大阪交響楽団 チラシ表面はこちら (PDFファイル/352KB)
●大阪交響楽団 チラシ裏面はこちら (PDFファイル/1MB)

【指揮者】寺岡清高 Kiyotaka Teraoka写真提供:
ザ・シンフォニーホール
【指揮者】寺岡清高 Kiyotaka Teraoka  早稲田大学第一文学部を卒業。桐朋学園大学を経て1992年ウィーン国立音楽大学指揮科に入学、指揮を高階正光、カール・エステルライヒャ、ウロシュ・ラーヨヴィッチ、湯浅勇治の両氏に師事。 1997年イタリア・シエナのギジアーナ音楽院より指揮科最優秀受講生に贈られる「フランコ・フェラーラ大賞」を授与され、1年間ジャンルイジ・ジェルメッティのアシスタントとして、ロンドン・コヴェントガーデン、ミュンヘン・フィル、ローマ・サンタチェチーリア管等に同行し研鑽を重ねる。

 また、2001年より1年半にわたりイタリア・フィエーゾレ音楽院においてカルロ・マリア・ジュリーニより定期的に指導を受けた他、2000年以降ヨルマ・パヌラ、ネーメ・ヤルヴィ両氏の下で研鑽を積む。 1996年プロコフィエフ国際指揮者コンクール第3位。2000年ミトロプーロス国際指揮者コンクール優勝。これまでにヴェニスのフェニーチェ歌劇場管弦楽団、サンクト・ペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団、オランダ放送管弦楽団、モスクワ室内管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団を始め、イタリアを中心にヨーロッパ各国のオーケストラへ客演。
 日本に於いては2001年に大阪交響楽団(旧 大阪シンフォニカー交響楽団)を指揮してデビュー。これまでに新日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、札幌交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、九州交響楽団を指揮している。

 近年はイタリア・パドヴァ管弦楽団、フランス国立ロワール交響楽団、ブラジル・ポルトアレグレ交響楽団等に客演。2007年4月にはイギリス室内管弦楽団を指揮してロンドンデビューを飾った他、同7月には急病のネーメ・ヤルヴィ氏に代わりラトヴィア国立交響楽団を指揮して、エストニアのオイストラフ音楽祭閉幕演奏会を成功に導いた。 大阪交響楽団とは、2004年1月の正指揮者就任以来緊密な関係を続けている。ウィーン在住。
【ピアノ】外山啓介 Keisuke Toyama 【ピアノ】外山啓介 Keisuke Toyama 1984年、札幌市生まれ。5才の時からピアノを始める。
2004年、第73回日本音楽コンクール第1位。併せて増沢賞、井口賞、野村賞、河合賞、聴衆賞受賞。
2006年、東京藝術大学卒業。東京藝術大学大学院修士課程を経て、08年9月よりハノーファー音楽演劇大学に留学。
2007年1月、エイベックス・クラシックスよりオールショパンのアルバム「HEROIC」でCDデビュー。2月より、サントリーホールを始め、全国各地で行なわれたデビューリサイタルは完売、新人としては異例のスケールでデビューをした。
2008年7月、2ndアルバム「インプレッションズ」をリリースと同時に、全国13ヶ所でのリサイタル・ツアーを行ない、サントリーホール(東京)、ザ・シンフォニーホール(大阪)などが満席となり、各地で話題となった。
2009年6月、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団とショパンのピアノ協奏曲を共演、7月〜8月には全国15ヶ所でリサイタル・ツアーと同時に、「ラフマニノフAVCL-25448」をリリースし、レコード芸術特選盤に選ばれた。
ショパン生誕200年を記念する本年は、オール・ショパン・プログラムでのリサイタルツアーを行っており同時に「幻想ポロネーズ」をリリースした。
これまでに、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、など多くのオーケストラと共演している。植田克己、ガブリエル・タッキーノ、マッティ・ラエカリオの各氏に師事。
繊細で色彩感豊かな独特の音色を持つ外山の演奏は、各方面から注目を浴びており、今後最も活躍が期待される若手ピアニストである。
»外山啓介オフィシャルサイト(keisuke-toyama.com)はこちら
※ 終了致しました
チケットのお求めは
 
9時から
 
鈴鹿市民会館 TEL:059-382-0654
鈴鹿市文化会館 TEL:059-382-8111
オープン時から
 
 
 
鈴鹿市観光案内所(白子駅西) TEL:059-380-5595
鈴鹿ハンター TEL:059-379-2200
宮脇書店鈴鹿店 TEL:059-384-3737
亀山市文化会館 TEL:0595-82-7111
10時から
チケットぴあ (Pコード 116-690) TEL:0570-02-9999
24時間WEB対応OK
 
エムズネット三重県文化会館WEBチケットサービス TEL:059-233-1122
【»ご購入はこちら】
※高校生以下のチケットは鈴鹿市文化会館、チケットぴあのみの販売となります。
※未就学児は入場できません。 ※公共交通機関をご利用ください。
※購入以後のチケットの交換・返金・再発行はできません。
アクロバットリーダーのダウンロード PDFデーターファイルをご覧いただくためには、アクロバットリーダーが必要です。
左のボタンで、プラグインをダウンロードしてください。



公益財団法人 鈴鹿市文化振興事業団
〒513-0802 三重県鈴鹿市飯野寺家町810番地 鈴鹿市文化会館内
Tel:059-384-7000 Fax:059-384-7755
営業時間:午前8時30分から午後5時15分まで
 休業日:毎月土・日・祝日 / 年末年始