トップ > 鈴鹿市民シアター > オペラシアターこんにゃく座 鈴鹿公演 オペラ「森は生きている」

鈴鹿市民シアター [コンサート・公演など]

※ 終了致しました

春休みはオペラを楽しもう!
オペラシアターこんにゃく座 鈴鹿公演 オペラ「森は生きている」

2010年3月22日(月・祝) 開場13:20〜 / 開演14:00〜

オペラシアターこんにゃく座 鈴鹿公演 オペラ「森は生きている」
日時:
2010年3月22日(月・祝)
開場13:20〜 / 開演14:00〜
会場:
鈴鹿市民会館
入場料:
全席指定
1,000円(税込)
※入場は5才以上の方といたします。
託児室:
当日は託児室(有料)を設けます。こどもサポート鈴鹿(TEL.383-1322)まで事前にお申し込みください。料金等、くわしくはこどもサポート鈴鹿までお尋ねください。
>> (特)こどもサポート鈴鹿のHPはこちら

主催:(財)鈴鹿市文化振興事業団/(特)こどもサポート鈴鹿/文化庁/みえ文化芸術推進プラン事業実行委員会/レディオキューブFM三重
お問い合わせ:(財)鈴鹿市文化振興事業団

オペラシアターこんにゃく座 鈴鹿公演 オペラ「森は生きている」 爽やかな舞台に快活な音楽が響いた。
物語の奥に隠された神秘がコミカルなタッチで描きだされる。
わがままな王女の気まぐれからはじまった。かごいっぱいの金貨につられたマツユキ草探し
むりやり冬の森に行かされた <むすめ> が出会ったのは <時間> をつかさどる自然のまもり手
一月から十二月まで十二人の <月の精> たちだった
"もえろ もえろ あざやかに"
月たちが歌う焚き火のぬくもりのなかで
<むすめ> はなにをもらったか?
女王はなにを学んだか?
わくわくどきどき
こんにゃく座が贈る珠玉のオペラ

【 台本・作曲 】 林光
【 原作 】 サムイル・マルシャーク(湯浅芳子訳による)
【 演出 】 高瀬久男
【 美術 】 松井るみ
【 衣裳 】 出川淳子
【 照明 】 中山奈美
【 振付 】 新海絵理子
※ 終了致しました
チケットのお求めは
 
9時から
鈴鹿市文化会館・鈴鹿市民会館・亀山市文化会館
10時から
 
チケットぴあ (Pコード 400-385) TEL:0570-02-9999
※市内コンビニのチケットぴあでもお買い求めできます。
開店から
 
鈴鹿ハンター・宮脇書店鈴鹿店
鈴鹿市観光案内所(白子駅西)・(特)こどもサポート鈴鹿
※公共交通機関をご利用ください。
※購入以後のチケットの交換・返金・再発行はできません。



公益財団法人 鈴鹿市文化振興事業団
〒513-0802 三重県鈴鹿市飯野寺家町810番地 鈴鹿市文化会館内
Tel:059-384-7000 Fax:059-384-7755
営業時間:午前8時30分から午後5時15分まで
 休業日:毎月土・日・祝日 / 年末年始